ジーンズは自由の象徴?

昨日は、香港の民主の女神と言われる、周庭さんがTBSの「報道特集」に生出演していた事を書きました。
彼女たちが、日本などの諸外国に支援を呼びかける事も大切ですが・・・中国本土の若者たちの共感を得る事も大事なのではないか?と思ってしまいました。

もっとも、今回の香港のデモは逃亡犯条例で、刑事事件の容疑者を中国本土へ引き渡す事ができるようになったのが要因なので・・・中国本土に住んでいる者にとっては、自分達のところへ引き渡されるのが、そんなに嫌なのか?と思っているだろうから・・・共感を得る事は難しいかもしれませんね。
だから、中国本土の若者へアピールする点は、中国政府の民衆への強権的な態度とか、今後、中国本土で香港の様な自由を求める事はできなくなるけど、それで良いのか?といった点になると思います。

話は変わって、昨日のNHKの「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」は、訪日外国人のお金の使い方を特集していました。
その中で、面白かったのが、カネオくんの故郷である岡山のジーンズの話・・・・わざわざ、海外から岡山までジーンズを買いに来る人が沢山いるなんて驚きです。

なんでも、ジーンズのユーズド加工技術が、世界的に有名だそうです。
番組では、ユーズド加工処理を行っている映像が紹介されていましたが・・・なかなか、面白かったです。
ちなみに、ストーン・ウォッシュは、日本人が着古したように見せるにはどうしたらよいかと試行錯誤して編み出した技術だそうです。

そういえば、昔は普通のジーンズしかなく、その後、ブリーチ・ジーンズが登場した時は、なんか今ひとつな感じがしていたのですが・・・ストーン・ウォッシュのジーンズが登場した時は驚いた記憶があります。
ちなみに、岡山で最初に作られたジーンズは、ビッグ・ジョンだったそうで・・・実は、私が最初に履いたジーンズもビッグ・ジョンで、今は亡き姉が薦めてくれたからです。

ところで、改めて考えると、ジーンズって着古したように見えるのがカッコよいというのは変な感じですね。
番組によると、アメリカの映画やテレビなどの登場人物が着古したジーンズを着ていたのを見て、憧れを持ったからだとか・・・

そういえば、当時は、ジーンズって、自由の象徴だったような気がします。
確かに、当時の大人たちの常識であるピシッと折り目のついてズボンなんかからは、かけ離れた存在で・・・着古した方が良いというのも、大人の要求する優等生の生活に反発した若者文化の表れだったのかもしれません。

現在、日本の若者はジーンズ離れだそうで、10年で生産が3割減だとか・・・香港の周庭さんが、日本の若者が政治に無関心だと言っていましたが・・・自由への関心も失ってしまったのでしょうか?

香港の「民主の女神」

先週の土曜日、居間のテレビが壊れたため、慌てて近所の電気店へ行って、買い替えたら配送が今日になった事を書きました。
配送に時間がかかるのなら、新宿あたりの電気屋で買えば、もう少し安かったような気もします。

そんな訳で、やっとテレビが届きました。
午後に届いたので、業者が設置してくれた後、一旦、母の面会に行き、帰宅してから、じっくりと設定などを行う事にしました。

で、夕方設定をしながら、TBSの「報道特集」を見ていたら、昨日逮捕されて保釈された、香港の民主の女神と言われる、周庭さんが生放送で登場していたので驚きました。

以前、支援を依頼しに日本を訪れた時に、密着取材をしたらしく・・・神社が好きな彼女が、新宿の花園神社をお参りする様子とか、原宿を訪れる映像が紹介されていました。
そのおかげか、今日、香港で取材する事に成功したようで・・・携帯ショップにいる彼女を見つけて、「何をしているのですか?」と尋ねたら、「逮捕された時、携帯のSIMを没収されたので買いに来た」と、答えていました。

ちなみに、彼女は流ちょうに日本語を話しますが・・・なんでも、日本のマンガを見て勉強したそうで・・・「のだめカンタービレ」で、のだめがフランス語を覚えたエピソードを思い出してしまいました。
あれは、マンガだからだと思っていたのですが、実際にそうやって外国語をマスターする人がいるなんて、驚きです。

そうえいば、彼女に、日本の若者をどう思うか?と訊ねたら・・・政治に無関心と言われるけど、香港への応援メッセージを送ってくれる人もいる、といったような事を言っていました。
個人的には、日本へ支援を依頼するよりも、もっと中国本土の若者の共感を得るように努力した方が良いような気がします。

そうすれば、中国政府の強硬的な態度も変わると思うのですけど・・・もっとも、情報統制で、中国本土には香港の状況は、正確伝わらないかもしれませんが・・・
今日も、香港ではデモが過激化したなんていう報道がありましたが・・・天安門事件のような結末には、なってほしくないですね。

グレッチのソリッド・ギター

少し前に、ネットオークションを見ていて、安かったのでグレッチのソリッド・ギターを落札してしまいました。
ヴィンテージ・ギターは高騰していて、ギブソンフェンダー等は、ちょっと手がでませんが、グレッチのマイナーなモデルだと、なんとか手が届きます。

で、落札したのは、1963年製のコルベットというモデルで・・・以前、落札した、1990年代日本製リイシューのデュオ・ジェットよりも安かったです。
まあ、この価格差ですが・・・デュオ・ジェットはビートルズジョージ・ハリスンが使用していたという理由もあるのですが・・・

コルベットは1961年に製造がはじまり、2ピックアップのモデルは1963年に発売されました。
そして、1964年に3対3のペグヘッドから4体2のペグヘッドにモデルチェンジするので、このタイプは僅か1年しか作られなかったため、かなりレアです。

ちなみに、グレッチのソリッド・ギターというと、1953年に発売されたデュオ・ジェットが有名ですが・・・デュオ・ジェットはボディ内が空洞のセミ・ソリッドだったので、厳密にいうと、このコルベットが初のソリッド・ボディとなります。
なんでも、グレッチは音響的な面からソリッド・ボディに否定的な考えを持っていたので、ソリッド・ボディ市場に参入するとき、対外的にはソリッド・ボディと言いつつも、セミ・ソリッドのボディを採用したそうです。

一目瞭然ですが、デュオ・ジェットがギブソンレスポールの影響を受けたのに対して、コルベットはSGの影響を受けています。
流石に、SGを真似た薄いダブルカッタウェイのボディだと、内部を空洞にするのは困難だし・・・この頃には、ソリッド・ボディのサウンドも認知されてきていたのでしょう。

もっとも、コルベットは、シングル・ピックアップのハイロー・トロンを採用し・・・トレモロ・ユニットもお馴染みのビグスビーではなく、バーンズ製を採用するなど、ジェット・シリーズに比べるとちょっとチープな仕様となっています。
しかし、ロック等で使うには、ストレートでソリッドなサウンドは相性が良いと思います・・・確かに、ギブソンのSGには負けるけど、気分を変えてグレッチっぽさを付け加えたい時には良いですね。

イメージ 1
グレッチ コルベット 1963年製

イメージ 2
グレッチ デュオ・ジェット 日本製のリイシュー

今日も、早退してしまいました。

先日、歯のブリッジが無くなってしまい、歯医者に行ったら、食べ物と一緒に飲み込んだ可能性もあるから、お腹のレントゲンを撮ってきてください、と紹介状を渡された事を書きました。
そこで、今日は、仕事を早退して胃腸科のお医者さんへ行ってきました。

実は、土曜日にでも行こうと考えていたのですが・・・買い替えた居間のテレビの配送が土曜日の予定だったので、場合によっては行けない可能性もあります。
それに、先日、母の後期高齢者医療保険料を払うために会社を早退したら、続けて目の覚めるような美人を見かけたというラッキーな出来事があったので、早退も悪くないなと思っていたため・・・仕事の区切りも良いから、病院へ行く事にしたのです。

で、結果は・・・X線でブリッジは見つかりませんでした。
おそらく、飲み込んでいなかったか?便と一緒に排出されてしまったのでしょう。
まあ、それは良かったのですけど・・・今日は、残念ながら、目の覚めるような美人を見かける事はありませんでした。当たり前か?

診察が早めに終わったので、ついでにCDショップに行きました。
以前観た映画、「ブエナビスタ・ソシアルクラブ・アディオス」とエリック・クラプトンの「12小節の人生」のDVDを買おうと思ったのです。
ところが、CDショップは売り場が縮小されていて・・・残念ながら、2作品は置いていませんでした・

やはり、大ヒットした映画ではないからか?と思い・・・在庫が多そうな銀座の山野楽器へ向かいました。
そうしたら、店内改装中・・・以前は、地下にあったCDやDVDの売り場は4階でこじんまりと営業していて・・・これはヤバイと思ったのですけど・・・アレコレ探したら、2作品とも無事に見つかりました。
なんか、一時的に売り場を移設しているせいか?商品の分類が判りづらい並べ方みたい。

これも、CDやギターが売れないせいなのでしょうか?
さらに、ネットで購入する人が増えているから、実店舗は大変でしょうね。
書籍が売れないから書店も縮小しているし・・・暇なときに、めぼしい物を探したりできなくなり、なんか、寂しい世の中になりました。

年金制度って、これでいいの?

昨日は、早退して、母の後期高齢者医療制度を支払いに銀行に行ったら、窓口の女性が美人だったという事を書きました。
さらに、帰りの電車で前に座った女性も美人だったので、仕方なく早退したのですが、結果として良かったですね。

ちなみに、通常、後期高齢者医療保険料は年金から天引きされるので、その先入観から、通知が届いた時に見落としてしまいましたが・・・金額の変更があった場合などには、振込用紙が同封されているので、窓口で支払わなければならないそうです。

年金と言えば、昨日のニュースで、年金の所得代替率が低下したと言っていました。
なんでも、現役世代の平均所得に比べて、年金の支給額が61.7%になるそうで・・・さらに、実質賃金の伸びが1%以下の状況が続くと2050年代には40%台まで低下するそうです。

ちなみに、現在20歳の人が、現在の水準の年金を貰おうとすると、68歳まで働いてから支給されるようにしなければならないとか。
こうなると、若い世代に年金を納めろというのが申し訳ないような気がします。
もちろん、私の世代では、若い世代に年金を納めてもらわないと、年金受給額が減るのですが・・・はっきり言って、若い世代は年金に頼らず、自分で何とかした方が良いのではないでしょうか?

もちろん、政治家は高齢者ばかりだから、自分たちの世代が有利になるように、年金制度を維持しようとするのでしょう。
なんでも、パート等の加入とか、支給開始年齢を上げるとか、保険料を納める年齢を引き上げる等が検討されているそうです。
そうまでして、年金制度を維持する必要があるのか?なんて思ってしまいます。

そもそも、年金制度って、高度経済成長期の代物で・・・景気が良い事を前提にしている他に、戦後の皆で助け合おうという思想もあるような気がします。

そういえば、近年、学校の先生の長時間労働とか、教育委員会やPTA等が力を持った事による労働環境の悪化がありますが・・・これは、日教組の力が弱まったから、と言われています。
どうも、日教組に限らず、労働組合って、すっかり力が無くなってしまいました。

労働組合が弱体化したのは、皆で助け合うというよりは、個人主義が台頭したという面があり・・・そう考えると、年金制度も時代にあっていないような気がします。
お年寄りを現役世代が支えるという仕組みではなく、新たに、個人主義に基づいた制度を考えた方が良いのではないでしょうか?

続けて美人を見かける

先日、役所から母の後期高齢者医療保険料の督促状が届いた事を書きました。
てっきり、年金から自動で引かれるものと思っていたら、金額の変更があった場合には、窓口での支払いになるそうです。

先に届いた後期高齢者医療保険料額の通知書の「保険料の収め方」欄に、「天引、納付書」と書かれていたので勘違いしてしまいました。
なんでも、通知に振り込み用紙が同封されていたら、窓口支払いだそうで・・・調べて見たら、ちゃんと振込用紙が同封されていました。

そこで、今日は、早退して銀行に振り込みに行ってきました。
督促状が届いたのは、数回に分割して振り込むうちの、7月31日までに振り込まなければいけない分だったのですが・・・何度も、振り込みに行くのは面倒なので・・・窓口のお姉さんに、振込用紙の全部を一括で振り込めないか?訊ねてみました。

確認してみますので、しばらくお待ちください、と言われて・・・しばらくしてから、振込用紙の全部の振り込みが可能ですという事でした。
で、通知された保険料の全額を支払ろうとしたら・・・何故か、振込用紙は半分しかないというので、仕方なく半分だけ支払ってきました。
後で通知書を良く見たら、今回支払ったのは保険料の普通徴収分で、特別徴収分は年金から徴収されるようです。判りづらいですね。

余談ですが、窓口のお姉さん、最初見た時に、ちょっと可愛い娘だなと思ったのですが・・・手続きが終わって「どうも有り難うございました」と笑った顔がガッキー(新垣結衣)にそっくり・・・もっと、よく顔を見とけば良かったと思ってしまいました。

その後、時間があったので、「ハンズメッセ」をやっている東急ハンズに行って、カバンと財布を購入してから帰りました。
で、帰るとき、荷物もあったし、別に急いでもなかったので各駅停車に乗ったのですが・・・・後から前の座席に座った女性も美人でした。

座る時にスタイルが良い人だなと思ったのですが、こちらを向いた顔をみたら凄い美人でした。
顔の大きさなんか、隣のオッサンの半分ぐらいしかありません・・・身に着けている物もオシャレな感じで、モデルさんだったのかもしれません。

もっとも、じっくり見たら悪いので寝たふりをしていたのですが・・・この路線ではこんな美人は珍しいし、どんな高級住宅に住んでいるのだろうか?と思い、どこの駅で降りるのか、時々、薄目を開けて確認していたら・・・そのうち、本当に寝てしまって、気が付いたら、私の最寄り駅に到着したアナウンス・・・慌てて、電車を降りました。

そうしたら、改札口を彼女が出て行きます・・・なんだ同じ駅だったのか、と思ったのですが、人混み紛れて見失ってしまいました。
ちなみに、改札口を通る後姿・・・背の高さは私と同程度ですが、脚の長さが違って腰の高さが全然違っていました。

そんな感じで、目の覚めるような美人(寝てしまいましたけど)に、続けて出会うなんて・・・運の良い日でした。
それとも、久しぶりに早退した私の精神の状態で、美人に見えたのでしょうか?

あおり運転対策

昨日のテレ朝の「ビートたけしのTVタックル」は、今週の国民が怒っているニュースと言う事で、「あおり運転」と「謎の餌やりグループ」を取り上げていました。
どうも、常磐道の事件以来、「あおり運転」がホットな話題となっているみたいですね。

なんでも、単なる「あおり運転」で、異例の全国手配される位、常磐道の事件は衝撃的だったようです。
おかげで、ドライヴレコーダーの売り上げは急上昇だとか・・・少し前に書いたように、私は既に購入してしまったのですが・・・会社の同僚でも、新しく購入したという人がチラホラ。
もっとも、あの映像をみると、車内の様子も映っているので・・・・よく売られているタイプと違って、そういう機能がついているドライヴレコーダーでないと、同様な傷害事件に対応できないと思います。

ちなみに、個人的には、世間がちょっと騒ぎすぎなんじゃないかな?という感じも・・・別に、大勢の命が奪われるような事でもないので・・・日本は平和だなぁ、と思ってしまいました。
そういえば、番組では、世界各地で記録された「あおり運転」の映像も紹介されていましたが・・・中国で記録された「あおり運転」の映像なんか、激しいですね。

なんでも、海外では、「あおり運転」に対する罰則は厳しいようで、日本でも厳罰化の声が上がっているようです。
もっとも、どこからが「あおり運転」なのか?という線引きが難しい上に、実際に事故などの具体的被害が起きていないため、予防とするには法制化が大変なようです。

今回の常磐道の事件の宮崎容疑者のような性格の人は、別に運転をしていなくても、周囲の人に迷惑を及ぼす可能性があるのですから、免許の取り消しなんていう罰則で意味があるのか?という疑問もあります。
こういったタイプの人間に対しては、「あおり運転」とは別に、なんらかの対処を考える必要があると思います。

確かに、ハンドルを握ると性格が変わるというタイプの人間もいることは事実です。
そういったタイプの人については、免許更新時に性格分析テストなんかで、注意を促すようにした方が良さそうですね。
丁度、高齢者ドライバーに対する、認知症テストなどと同じような扱いですね。

ところで、先日、比叡山までドライヴした時に思ったのですが・・・人間って、不完全なものだから、これだけ多くの車が走っているのに、滅多に事故が起きない方が不思議だという事です。
性格が不安定な人以外にも、体調の悪い人もいるはず、急病や居眠りもあるはず・・・もちろん、ちょっとした見落としなんかはしょっちゅうあるでしょう。
そう考えると、多くの不完全な人間であるドライバーが、事故を起こさないように、必死に頑張って運転しているのは、健気な気がします。

やはり、そんな人間たちに運転を任せるよりは、早期の自動運転の導入が必要ですね。
そうなれば、「あおり運転」もなくなるはず・・・